れきくんの備忘録【日本史、日本美術】

日本史が好きなので、歴史人物や事柄、また日本美術作品などを備忘録としてまとめています。         平安時代から江戸時代が多め

元寇・蒙古襲来を描いたアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』も歴史好きにおススメの作品です。

平家物語が好きで、アニメ『平家物語』はとても楽しめました。

日本史を扱ったアニメていくつかありますよね。

 

最近だと思いつくのは『ゴールデンカムイ』あれは歴史漫画なのかな…?読んだことないのですが、明治が舞台ですよね…?読んだことがない…近代史、苦手…

 

あと、古代中国の歴史を扱った『キングダム』これも読んだことがない…。

赤壁の戦いくらしか、三国志はわかりません…。

 

あとはなんだろアニメ化されてて有名なのは『るろうに剣心』か!これは映画で観た。

 

私は明治以降の日本史が苦手なのであまり観たことがないものばかりなのですが、

 

アニメ『平家物語』が好きな方は鎌倉時代中期の元寇(蒙古襲来)を描いた『アンゴルモア元寇合戦記』も好きだと思いますよ~!

 

私はアニメしか観たことがないのですが・・・内容もですけど、まず主題歌も良かったんだよな~

 

少し紹介していきます↓↓

 

 

 

 

元寇を題材としたアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』、元寇とは?簡単に

 

 

蒙古襲来絵詞』より文永の役の鳥飼潟の戦い

元寇 - Wikipedia

 

 

元寇って、人によっては蒙古襲来って覚えた方もいるかもしれません。

文永の役弘安の役で覚えた方もいるでしょう。

 

当時、世界で最も強かったとされるモンゴル帝国とその属国・高麗が鎌倉時代中期、日本に攻めてきた。という大きな出来事で、1度だけではなく2度も攻撃を受けながらもなんとか追い返すことができたという歴史的な出来事です。

 

1度目の襲来、2度目の襲来ともに日本軍は壊滅的な被害を受け大敗となりましたが、世界一強かったモンゴル帝国軍を追い返すことができたのですね…

 

神風が吹いたから?

 

なぜ壊滅的状況になりながらも、追い返すことができたのか…

 

私は日本史の授業では「神風」が吹いたからと習いました。

 

ここでさす「神風」とは「台風」のことをさします。

 

この台風のおかげで、2度もモンゴル帝国軍を追い返すことができた、つまり日本にとってこの台風は「神風」だったということです。

 

実力で撤退においやった

このように習っていましたが、現在では実は台風のおかげでモンゴル帝国軍が撤退したのではなく、鎌倉幕府軍が壊滅的にやられながらも実力で追い返したのではないか。と考えられています。

 

 

台風のおかげでモンゴル帝国軍に被害が出ていたのなら少なからず、鎌倉軍も台風の被害は受けていたはず。

 

どちらも同じように被害が出るはずなので、その中で鎌倉の武士たちが「一所懸命」に戦い、モンゴル帝国軍を追い返したのではないか。と思います。

 

神風のおかげでモンゴル帝国軍が撤退したにせよ、鎌倉の武士たちの実力で撤退に追いやったにせよ、日本を守るため武士たちは「一所懸命」に戦っていたはずです。

 

この「一所懸命」という言葉、このアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』の中で多く使用される言葉となっています。

 

 

『アンゴルモア元寇合戦記』の紹介

TVアニメ「アンゴルモア元寇合戦記」公式サイト (angolmois-anime.jp)

 

 

『アンゴルモア元寇合戦記』はたかぎ七彦による歴史漫画です。

 

鎌倉時代元寇を描いた作品で、2013年2月26日から2013年12月26日まで『サムライエース』で連載され、その後、2014年7月11日からWEB漫画で連載が始まり完結を迎えました。

 

現在も2019年1月2日からWEB漫画でアンゴルモア 元寇合戦記 博多編が連載されています。

 

2018年7月からはアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』が放送されていました。

 

私はアニメ版を観ていたのですが、主人公・朽井迅三郎の戦う姿がかっこいい。

 

 

主人公・朽井迅三郎

このアニメの主人公となる朽井迅三郎は実際にいた人物ではなく、オリジナルキャラクターとなっています。

 

ただ、実際に残る史料・八幡愚童訓に「口井藤三」という名前が記されていることから、ここから名前をとったとされています。

この八幡愚童訓と呼ばれる史料は元寇の記録が多く記されていることで有名な史料となっています。

 

この主人公・朽井迅三郎、実は流人で鎌倉幕府に捕らえられていた者でした。

ちょうどそのころ、モンゴル帝国軍が日本への侵攻を開始したため鎌倉幕府は、流人たちをモンゴル帝国軍を迎え撃つ駒として使うべく、戦いの最前線となる対馬へと送りました。

 

史上最強の軍隊が攻めてくることなどなにも知らない、主人公・朽井迅三郎らですが、不本意ながらも一所懸命に戦うのでした。

 

ストレイテナーがオープニング曲を担当

 

 

このアニメのオープニング曲を担当したのは『ストレイテナー

音楽好きな方なら知っているかもしれません。私も昔からよく聴いていたので、主題歌を担当されたときはすごく嬉しかったです。

 

オープニング曲『Braver』はこのアニメのために書き下ろしされたもので、歌詞もモンゴル帝国軍に勇敢に立ち向かう、勇ましい姿が見えるものとなっています。

 

ストレイテナーのボーカル、ホリエアツシさんは長崎出身だそうで、元寇対馬が戦場…だからオープニング曲を担当されてるのかな…?

 

元寇を扱った作品

元寇を扱った作品といえばかなり話題になっていた『Ghost of Tsushima』

 

このトレーラーを観たとき鳥肌がたちました。

まず映像がきれいだし、対馬壱岐オープンワールドで駆け回れる…めちゃくちゃ面白そう…!

 

て思いながら、YouTubeで実況動画を見ています…

 

 

おしまい

アニメ『平家物語』を観終わったら、次はアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』を観てみませんか?^^

 

時代も近いし、わかりやすく描かれているので、元寇を知りたい!という方にはおススメのアニメですよ^^

 

おしまい